不況でも楽しめるピンクコンパニオン

これだけ不況が続くと心まで湿り切ってしまう。

うちの会社もご多分にもれず不況の煽りをもろに食らって残業代カット、ボーナスカットは当然のこと。

いよいよリストラも始まってその分仕事にしわ寄せがくるからもう忙しくてストレスがたまる。

ボクの場合、もう30を過ぎたんだけど独身、アパート住まいということもあって気楽な立場。

でも妻帯者となるとそうはいかないよね。

と、こんな暗い立ち上がりですみません。

いや、ここではピンクコンパニオンを体験した面白話をのっけて行こうと思ってるんだけど、この世知辛い世の中でこんなに面白明るくエロい宴会の達人たちはいないと思うので、一応逆から入ってみました(笑)

ボクがピンクコンパニオンを知ったのは忘れもしない入社2年目のセミナー打ち上げ。

ま、入社2年目研修の打ち上げでは恒例となってるらしんだけど、その頃はピンクコンパニオンなんて言葉も知らなかった。

スーパーともピンクとも言うなんてまるで知らず・・・その宴会でコンパニオンが登場したと思ったらいきなりスケスケのキャミで野球拳大会に突入。

男子が何人も全●にされるもピンクコンパニオンも一糸まとわぬ全●というすごい体験で始まったわけです。

いや、すごいすごい。

ボクのオススメサイト【ピンクコンパニオンの活用法